XserverにWinSCPでSSH(SFTP)接続+ついでにCORESERVERも設定

WinSCPでSSH接続のメモ

この間設定したのに、またXserverにSSHで接続する方法を忘れてしまって・・・よく忘れるので備忘録を兼ねてWinSCPでSSH接続する設定をメモしておきます。

SFTP(SSHでFTPのような接続をする)を使わないでドメインごとにFTPユーザーを作ってログインしても良いのですがFTPだと暗号化されてないのでセキュリティ的にヤバく、ドメインごとにFTPユーザー作って他のドメインに移動できないことなど不便なのでSFTPでユーザーディレクトリ全体を移動できたほうが手っ取り早いのです。

まずはWinSCPを以下からダウンロードします。

Open source freeware SFTP, SCP and FTP client for Windows.

以前は別途日本語化のファイルが必要でしたが現在はインストールする際に自動的に日本語を選択してありました。言語を選択するときに英語にもできます。

XserverへSSH接続するための設定

Xserverはパスワードを使わない公開鍵認証の方法でSSH接続する(これが本来の安全なSSH接続だと思います。)のでちょっと面倒でいつも忘れちゃう。

公開鍵認証用鍵ペア 生成

まずは、Xserverのサーバーパネルにログインして左メニューの一番下のSSH設定のページで公開鍵認証用鍵ペアを生成します。

生成したファイルは.keyの拡張子で保存されます。

PuTTygenを起動して.ppkファイルを生成

PuTTygenを起動する

PuTTygenを起動する

次に.keyファイルのままでは使えないので.ppkファイルを生成するためにPuTTygenを起動して.keyフィアルから.ppkファイルを作ります。

生成された.ppkファイルはSFTPでログインするごとに使うのでなくさないようにDropboxなどに保管しておきました。

SFTPでXserverにログイン

必要な情報は「ホスト名」「ユーザ名」です。パスワードは必要なし。Xserverのどこにあるか見てみましょう。

ホスト名・ユーザ名・ポート番号をWinSCPに入力して先ほど作った.ppkファイルを秘密鍵の設定で指定します。

以上で設定完了です。Xserverにログインしてみましょう。

これでXserverにSFTPログインできるようになりました。

でもログインするたびにパスワード(パスコード)聞かれる。前回どうやったのか?忘れたけど聞かれないような設定あったと思ったけど・・・忘れた。思い出したら追記します。

ついでにCORESERVERのSSH設定もメモ

CORESERVERは簡単ですが念の為メモしておきます。

 5648

CORESERVERは普通にホスト名・ユーザ名・パスワードを入れておけばログインできます。

以上、いつも使ってるサーバーにWinSCPでSSH接続する方法でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする