モバイル フレンドリー テストとモバイル ユーザビリティをチェックしてみる(備忘録)

モバイル フレンドリー テストとモバイル ユーザビリティ

スマートフォンやタブレットがかなり普及してきてパソコンを持たない人も増えてきたようで、Googleは今後はポータルがSNSなどに分散されていくのに危機感を感じてか?スマホなどに対応したサイトを増やすように推奨してきています。

僕のほうも一応全サイト対応完了してますが、新規サイトを作ったときにユニバーサルデザインに対応しているかサイトをテストするときに使う、モバイル フレンドリー テストとモバイル ユーザビリティのページを備忘録として書き留めておきます。

両方ともGoogleのウェブマスターページにあるツールです。

モバイル フレンドリー テスト

モバイル フレンドリー テストは以下のようにページごとにサイトをチェックしていきます。

数ページテストして「問題ありません。このページはモバイル フレンドリーです。」が出たらOKです。

ScreenClip

1ページ1ページ調べていきます。トップページと記事ページの1ページ分が問題なければすべて問題なさそうです。

要求された URL を取得できませんでした。Dismiss

ログインしないとページが読み込めない場合のテスト結果

「要求された URL を取得できませんでした。Dismiss」と出ます。当たり前ですね(汗)

モバイルフレンドリーじゃないサイトが見つからずどんな表示されるのか分かりません。

この「モバイル フレンドリー テスト」はもしかしたら自サイトをチェックするツールではなく、他のサイトをチェックする用なのかもしれません。

ウェブマスターツールのモバイル ユーザビリティを確認

まぁ、自サイトの場合はこちらのページでチェックすれば上記の「モバイル フレンドリー テスト」は必要なさそうです。

モバイル ユーザビリティのページのたどり方は、

検索トラフィック > モバイル ユーザビリティ

Use Search Console to monitor Google Search results data for your properties.

こちらにあります。

モバイル ユーザビリティ

このように表示されていればモバイル対応になっていて問題ないということですね。

なので、「モバイル フレンドリー テスト」は別途行う必要ないかもしれません。

新サイトを作って違う結果が出た時に追加でここに書き足します。