Arduino IDEインストールとESP8266使えるようにする

ちょっと古い記事ですが、下書き状態だったので公開しておきます。

Arduino IDEでESP8266を使えるようにします。

Arduino IDE インストールとESP8266ライブラリ

Arduino IDEとESP8266ボードのライブラリを使うようなのでインストール・設定する。

Arduino インストーラ ダウンロード

こちらのページの少し下にスクロールするとDownloadリンクがあります。

Download the Arduino IDE

こちらは数ドル~数十ドル寄付できるようになっています。寄付しない場合は「Just Download」を押す。

シェアウェア

ダウンロードしたらインストーラを起動してArduinoインストール開始。

Arduinoインストール

適当にNextを押していくとインストールが始まる。

途中でドライバーなどをインストールするか聞かれる↓のでインストールしておいた。

Arduino 1.8.5を起動してみた

このような↓画面、スクリプトを書き込めるエディタのようです。

ESP8266ライブラリのインストール

こちら↓のまったく真似してライブラリをArduinoに入れてみます。

技適取得済みWi-Fi マイコンボード ESPr Developer ( ESP-WROOM-02 , ESP8266 )を Arduino IDE で開発するための設定方法を説明します。 ESP-WROOM-02 は Arduino UNO や MEGA よりもメモリが多く、小型で安価、さらにWi-Fi・・・

URLをコピーして環境設定に入れる

こちらのURLをコピー↓

Arduinoのファイル > 環境設定 を開いて以下「追加のボードマネージャのURL」にペースト

ツール > ボード:”Arduino/Genuino Uno” > ボードマネージャ を開く

ここで一番下までスクロールして赤枠を押すとインストールボタンが表示されるので押す。

esp8266 by ESP8266 Communityが出てこない時

Arduino IDEを終了して、以下の2つのフォルダを削除。

  • C:\Users\go160\AppData\Roaming\Arduino
  • C:\Users\go160\AppData\Local\Arduino15

Arduino IDEを起動してもう一度試してみます。

Arduino IDEでESP8266の設定

こちらは以下のように設定しました。

MicroUSBでパソコンとESP8266ボードを接続しておきます。

ツール > ボード:”Arduino/Genuino Uno” > NodeMCU 1.0(ESP-12E Module)

NodeMUC 1.0(ESP-12E Module)

設定は、以下のようにするようです。といってもCOMだけESP8600ボードを指したポートを選ぶのみ。他はデフォルトで。

NodeMUC 1.0(ESP-12E Module) COMポート

COMポートがわからなかったのでデバイスマネージャーで見てみると、「USB-SERIAL CH340」がEPS8266の接続されているポートのようだったのでCOM4を選択した。

デバイスマネージャー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする