360度動画をYoutubeにアップロードする方法+360度画像表示WPプラグイン

360動画ガジェットのレビューで360度動画をYoutubeにアップロードする必要があったのでメモとしてアプリの導入方法・設定方法を書いておきます。

まぁ、Youtubeヘルプに書いてあるまんま設定すれば良いだけの話しなんです(汗)

360 度動画を視聴するには、パソコン用の Chrome、Opera、Firefox、Internet Explorer の最新バージョンが必要です。モバイル端末の場合は、最新バージョンの

360動画ガジェットで動画は作成してあるので、動画をWindowsからYoutubeにアップロードする作業で、そのまんまアップロードすると・・・

このようになって・・・知らんかった(汗)コレだと駄目ですな。

Spatial Media Metadata Injector ツール

spatial-media - Specifications and tools for 360º video and spatial audio.

ダウンロードして解凍するとこんな↓カワイイアイコンのツール

Spatial Media Metadata Injector

起動するとコマンドプロンプトが表示されて、その後 小さなウィンドウが出て来るので「Open」ボタンを押して編集する動画ファイルを選択する。

Spatial Media Metadata Injector 起動

「My vido is spherical(360)」のみ選択して、他はチェックを入れない。

Spatial Media Metadata Injector Open

あとは「Inject metadata」を押して保存する。

数秒の動画だったので一瞬で終わって、PCで動画を確認するとやはり前のまま左右に○が2つになる動画だったけど、一応テストのためにアップロードしてみた。

動画をYoutubeにアップロード

うまくいったみたい↓

360度画像表示WPプラグイン

ワードプレスのプラグインを入れれば記事に360度画像が表示されるというのでやってみます。使った画像は以下

Xiaomi mijia 3.5K Panorama Action Camera

WP-VR-viewというプラグインを入れてみます。

インストールすると、記事ページのツールバーに地球アイコン↓と動画アイコンが表示された。

WPで360度画像を表示させる

地球アイコンを押してアップロードした360度画像のURLを「PhotoSphere image URL」に貼り付ける。

うまく表示された!

360度動画はYoutubeで

続いて動画も表示させてみようと思いましたが、ファイルサイズが大きすぎて、Youtubeにアップロードするほうが現実的なようです。

上の360度動画は8秒ほどですが40MBあったのでサーバー容量がすぐいっぱいになるのでやめておきます。